米政権と司法省が捜査結果を協議、マラー氏報告書の公表前

ホワイトハウスと米司法省が、マラー氏の報告書について協議を繰り返していたという/Getty Images

ホワイトハウスと米司法省が、マラー氏の報告書について協議を繰り返していたという/Getty Images

ワシントン(CNN) 2016年の米大統領選の「ロシア疑惑」をめぐるマラー特別検察官の捜査で、米紙ニューヨーク・タイムズは17日、米司法省当局者が報告書を公表する前、マラー氏側の解明結果についてホワイトハウスと再三話し合っていたと報じた。

この接触の経緯について詳しい消息筋の情報として伝えた。解明結果に関する公表前の双方の内密なやりとりは、特別検査官の捜査報告書への反論を準備する上でホワイトハウスの法律専門家側を幇助(ほうじょ)したことになるとも報じた。

この問題については米ABCテレビが最初に報道。同テレビは以前、ホワイトハウス側は捜査報告書に関する広範かつ特定の範囲に限られない説明を受けていたとも伝えていた。

ホワイトハウスや司法省の報道担当者はタイムズ紙の報道についての論評を避けた。

米司法省は、マラー特別検察官の捜査報告書を18日に公表する考えを示している。ただ、捜査中の事件に関する部分などは非公開にする方針。今回の公表に伴い、バー司法長官が18日朝に記者会見する見通し。トランプ大統領も17日の会見で、自らも記者会見を開く可能性に言及していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]