米軍、B52爆撃機6機を欧州へ派遣 ロシアけん制

核兵器が搭載可能な戦略爆撃機「B52」/Defense Department

核兵器が搭載可能な戦略爆撃機「B52」/Defense Department

ワシントン(CNN) 米空軍は23日までに、核兵器が搭載可能な戦略爆撃機「B52」の6機を欧州へ派遣したと発表した。

地域の同盟国や北大西洋条約機構(NATO)加盟国との飛行訓練などが目的。ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の軍事的な併合後、5年になる節目をにらんだ派遣ともなっている。

併合から5年たち、ロシアのプーチン大統領はクリミアを訪問し、強力なロシアが新たに誕生したなどと演説していた。ウクライナ危機などをめぐって米ロ間の関係はここ数カ月間、緊張の度合いを強めている。

今回派遣されたのは米ルイジアナ州バークスデール空軍基地に所属する第2爆撃機編隊のB52。装備品などの支援要員も含め、先週後半に英国のフェアフォード空軍基地に到着し、欧州域内でさまざまな訓練飛行に従事しているという。

米空軍によると、18日にはB52の4機がノルウェー海、バルト海、エストニア、地中海やギリシャなどを含む空域に飛来。

また、米領グアムにあるアンダーセン空軍基地と英フェアフォード空軍基地のB52がインド太平洋と欧州地域で戦域習熟飛行を同時に実施し、ロシアのカムチャッカ半島東方の北部空域を飛行したともした。

米領グアムのアンダーセン空軍基地を飛び立つB52/U.S. Air Force/Senior Airman Ryan Brooks
米領グアムのアンダーセン空軍基地を飛び立つB52/U.S. Air Force/Senior Airman Ryan Brooks

米空軍は報道発表文で、インド太平洋と欧州でのこれら飛行は世界規模での軍事力の展開を通じて同盟国やパートナー諸国の防衛に対する米国の決意を示したとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]