ロシアの中間選挙の妨害確認、米サイバー軍司令官

昨年の米中間選挙で、ロシアが投票結果などへの介入を試みていたという/Joe Raedle/Getty Images

昨年の米中間選挙で、ロシアが投票結果などへの介入を試みていたという/Joe Raedle/Getty Images

(CNN) 米軍のサイバー軍司令官は13日、米中間選挙が昨年11月に実施された際、ロシアが投票結果などへの干渉を試みていたことを明らかにした。

同司令官のポール・ナカソネ陸軍大将がサイバーセキュリティー問題に関する米下院軍事委員会小委で証言した。サイバー軍司令部は米情報機関「国家安全保障局(NSA)」と協力し、ロシア側の妨害工作の形跡を米連邦捜査局(FBI)や米国土安全保障省に伝えたとした。

ナカソネ司令官はまた、サイバー軍は昨年11月、「防御チーム」を欧州の3カ国に派遣した事実も公表。米政府当局者はこれら3カ国は東欧諸国としながらも具体的な国名の言及は拒んだ。

米中間選挙をめぐる外国勢力の妨害工作問題ではコーツ米国家情報長官が昨年12月、ロシア、中国やイランが選挙結果に介入する動きを示したと報告。ただ、投票結果の操作につながるような選挙システムの妨害の被害が生じたような形跡は一切なかったとも説明していた。

米下院では13日、国土安全保障省のサイバーセキュリティー対策部門の責任者も証言し、2020年の米大統領選での外国勢力の介入工作への危惧を表明。国土安全保障問題に関する下院調達委員会小委で外国勢力が試みるであろう米国の選挙システムに侵入する新たな手口への大きな懸念を示した。

外国勢力の妨害工作を阻止する上において対応が緊急の大きな技術的課題があることも認めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]