トランプ大統領、与野党合意の予算案に「満足していない」

支持者の集会に参加したトランプ大統領。改めて壁建設の重要性を訴えた=11日、テキサス州エルパソ/Joe Raedle/Getty Images

支持者の集会に参加したトランプ大統領。改めて壁建設の重要性を訴えた=11日、テキサス州エルパソ/Joe Raedle/Getty Images

(CNN) 米国のドナルド・トランプ大統領は12日、政府機関閉鎖の回避に向けて与野党で合意した予算案について「満足していない」と語った。

政府予算案をめぐる協議を続けてきた与党・共和党と野党・民主党の有力議員グループが11日、原則合意に達していた。

トランプ大統領は合意の詳細について精査しているという。合意を拒否する姿勢は示していないが、国境の壁の建設費について別のメカニズムを準備する可能性を示唆した。

ホワイトハウス当局者によれば、トランプ大統領は今回の予算案について署名する公算が大きい。ただし、側近らによれば、まだ何も最終的な判断には至っていないという。

トランプ大統領は、予算をめぐる合意に満足していなくても、今週末の政府機関閉鎖の可能性は小さいとの見通しを示した。ただ、政府機関の閉鎖が起こるとは思わないとしながらも、「もし、政府機関の閉鎖が起これば、それは民主党の責任だ」と指摘した。

今回の与野党合意には、国境の壁の建設をめぐる13億7500万ドル(約1500億円)の予算が含まれている。トランプ大統領が当初求めていた予算額は57億ドルだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]