ハワイで暴風、倒木や停電などの被害続出 マウイ島に積雪も

ハワイの一部地域では浸水の被害も出ている/U.S. Coast Guard

ハワイの一部地域では浸水の被害も出ている/U.S. Coast Guard

(CNN) 米ハワイ州の各島が11日、暴風や高波に襲われ、マウイ島では異例の積雪を観測した。倒木や倒れた電柱が道路をふさいだり、電線が寸断されて停電が起きるなどの被害が続出している。

予報によると、強風のために屋根が吹き飛ばされたり構造が不安定な建物が倒壊したりする恐れもある。一部の道路や公園は強風や高波が原因で閉鎖された。

ホノルルの防災当局は、「樹木や電柱などが道路に倒れている」として、車を運転する際は特に注意するよう呼びかけた。

電力会社は悪天候のために復旧作業を中断し、安全な状況になってから再開すると説明。一部地域では翌日にかけて停電が続く可能性があるとしている。

土地天然資源当局によると、マウイ島にあるポリポリ州立公園では積雪が観測された。他の地域でも降雪が予想されている。

同局は、「ハワイの州立公園に、恐らく史上初の雪が降った。マウイのポリポリ州立公園は雪に覆われている。ポリポリは海抜6200フィート(約1890メートル)。州の観測史上、最も海抜の低い場所での雪だった可能性がある」と伝えた。

国立測候所のホノルル支局は注意報を出し、風速13メートル以上、最大瞬間風速22メートル以上の強風が予想されるとして、車の運転などには特に注意するよう呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]