「銃乱射事件の被告は死に値するか」 高校の宿題、非難受け撤回

17人が死亡した高校銃乱射事件に関与した罪に問われているニコラス・クルーズ被告/Pool/Getty Images North America/Getty Images

17人が死亡した高校銃乱射事件に関与した罪に問われているニコラス・クルーズ被告/Pool/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米フロリダ州パークランドの高校で17人の死者を出した銃乱射事件に関連して、現場近くにある別の高校が、被告の実名を出して「ニコラス・クルーズは死に値するか」を生徒に考えさせる宿題を出し、批判を受けて撤回に追い込まれた。

問題の宿題を出したのは、銃乱射事件の現場から車で10分ほどの距離にあるコーラルグレーズ高校。高校生向けの雑誌「ニューヨーク・タイムズ・アップフロント」の10月号に掲載された記事の見出しをそのまま引用し、教材として利用した。この問いかけは、残酷で異常な刑罰を禁じた米修正憲法第8条と、死刑制度について考えさせる内容だった。

今年2月にパークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で起きた銃乱射事件では、生徒や教員17人が死亡した。クルーズ被告は関与を認め、殺人罪などで起訴されている。

同校の生徒で銃規制強化を求める運動を展開しているキャメロン・カスキーさんは、クルーズ被告を宿題の題材にしたコーラルグレーズ高校を強く非難した。

同校のあるブロウォード郡公立学校区によると、コーラルグレーズ高校の上層部はこの宿題のことを知らなかったと思われる。同校は宿題を撤回し、こうした事態が起きたことに遺憾を表明、出版社にも懸念を伝えた。

ニューヨーク・タイムズ・アップフロント誌を発行したスカラスティック社は、問題の記事の狙いについて「死刑にまつわる歴史と公民権、社会的影響について、意味のある会話の題材にしてもらいたかった」と説明し、「パークランドの生徒や家族、教育者を一層苦しめてしまったとすれば、大変遺憾に思う」と謝罪した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]