米中間選挙の投票率、50%超と過去100年で最高水準

11月に行われた中間選挙の投票率が過去最高の50.1%だったとの推計が発表された/Jessica McGowan/Getty Images North America/Getty Images

11月に行われた中間選挙の投票率が過去最高の50.1%だったとの推計が発表された/Jessica McGowan/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 11月に行われた米国の中間選挙での投票率は推計50.1%と過去100年と比較しても最高の水準だったことが11日までにわかった。フロリダ大学のマイケル・マクドナルド教授が明らかにした。

マクドナルド教授の試算によれば、中間選挙では約1億1800万人が投票した。これは投票権を持つ人口の50.1%に相当するという。

この数字は、18~20歳の投票権が認められた1971年以降の投票率と比較しても驚くべきものだ。中間選挙の1974年から2014年までの平均の投票率は39.4%。今年の数字はこれを約11パーセントポイント上回っている。

これまで中間選挙の投票率はほぼ一定の水準を推移してきた。36.7%を下回ったことはないが、42%を超えたこともなかった。

前回の2014年に投票した人の数は8300万人をわずかに上回っただけだった。

過去にさかのぼると、さらに驚くかもしれない。50.1%という投票率は過去100年で見ても最高の水準だ。過去の投票では21歳未満に投票権はなかった。しかし、21歳未満といった若年層は最も投票する可能性が小さく、そのことを考えれば、そうした若年層が投票権を認められる前は投票率がより高かった可能性がある。

実際、50.1%という投票率は大統領選時の投票率(56.5%)と近い水準にある。1988年の52.8%や1996年の51.7%はわずかに上回っているに過ぎない。

選挙前の調査からわかるのは、今回の投票率上昇の要因のひとつは、トランプ大統領にありそうだということだ。ギャラップやピュー・リサーチ・センターなどの調査によれば、有権者の60%が投票について大統領にメッセージを伝えるためだと答えた。今回でいえば、トランプ大統領にあたる。この数字は、最も古いデータの残る1982年以降で最も高いものだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]