米、イラン製兵器を公開 イエメン反政府派に供与

イエメン内戦でイランが反政府武装組織に供与したという兵器が公開された/CNN

イエメン内戦でイランが反政府武装組織に供与したという兵器が公開された/CNN

ワシントン(CNN) 米国防総省は6日までに、イエメン内戦でハディ暫定政権側と交戦する反政府武装組織フーシに対しイランが供与したとされるミサイルや小型無人飛行機(ドローン)の現物や残骸などをCNNに公開した。

米国防情報局(DIA)の本部近くにある首都ワシントンのアナコスティア・ボーリング統合基地での措置で、昨年も同基地で実施された。

キャティ・ホイールバーガー国防次官補代理(国際安全保障問題担当)は記者団に公開の狙いに触れ、イランが及ぼす脅威の教示と強調。イランが不安定と混沌(こんとん)を地域にもたらす活動の一端を示す機会となると指摘した。

同省当局者は、ミサイルに通常用いられる安定化装置の欠如や他の設計面での特色はイラン製であることの証拠と主張。この種のミサイルは世界でイランのみが製造しているとした。

また、誘導装置部分もイラン製の証左と指摘。また、イランの国営企業「シャヒド・バゲリ・インダストリーズ」が手掛けたことを示す品質保証の刻印が見られるミサイル内部構造の画像も紹介した。

「サイヤード2」としても知られるイラン製の地対空ミサイルも公開され、サウジアラビアが今年初期、積み出し用の木箱内にあったのをイエメンで押収したとした。ドローン「カセフ1」の2機も展示された。サウジの国際空港を含む複数の標的を攻撃した後、回収したという。

さらにフーシ向けだけでなく、アフガニスタン内で米軍主導の多国籍軍が2016年10月に入手した別のドローン「シャヘド123」も並べた。同機の装置解析でイラン内を離陸し、アフガン内の米軍やアフガン軍の複数の軍事施設上空を飛行したことが判明したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]