米フロリダ州の共和党支部に銃撃4発、ガラス割れる

(CNN) 米フロリダ州ボルシア郡の共和党事務所が何者かの銃撃を受け、警察が捜査に乗り出した。

地元警察によると、28日深夜から29日未明にかけ、事務所正面のガラスに4発の銃弾が撃ち込まれた。犯行当時、建物の中にはだれもいなかった。

防犯カメラの映像はなく、弾丸の薬きょうも見つかっていない。CNN系列局によると、2発が大きな窓ガラスを割って壁に当たり、もう2発は小さな窓を貫通したとみられる。

29日朝になって事務所へ出てきたスタッフは当初、窓から何かが投げ込まれたのかと思ったという。

郡支部の責任者は「私たちに文句があるなら(中間選挙の)11月6日に投票しなさい。投票で私たちを追い出してもいいし、受け入れてもいい。こんなことをする者がいるのは腹立たしい」と語った。

フロリダ州支部の責任者も銃撃を非難し、「いかなる状況でも暴力は答えにならない」と強調。選挙ボランティアが身の安全に恐怖を感じなければならないような状況は「信じがたい」と嘆き、「共和党か民主党かを問わず、ボランティアに対する暴力には反対する。だれもが報復を恐れず自由に発言する権利を持っているはずだ」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]