米国境警備隊員を逮捕、「連続殺人」の疑い 米南部テキサス州

連続殺人の容疑で国境警備隊員が逮捕された/Mike Blake/Reuters/Newscom

連続殺人の容疑で国境警備隊員が逮捕された/Mike Blake/Reuters/Newscom

(CNN) 米南部テキサス州で15日までに、国境警備隊員の男が「連続殺人」の疑いで逮捕された。

検察によると、ホアン・デービッド・オーティス容疑者(35)は女性3人と男性1人を殺害し、さらに女性1人を武器で襲って監禁した疑い。死者の遺体はここ2週間のうちに発見されていた。捜査当局は、ほかにも犠牲者がいた可能性を指摘している。

殺害方法は公表されていないが、いずれも似たような手口だった。被害者は全員、売春に従事していたという。

国境警備隊を統括する税関・国境警備局は捜査への全面的な協力を表明し、遺族に弔意を表した。

検察によると、オーティス容疑者に拉致されて逃げ出した女性が14日、警察に通報し、同容疑者のタトゥー(入れ墨)など詳しい特徴を伝えた。

同容疑者は現場から徒歩で逃走し、ガソリンスタンドでピックアップトラックの荷台に隠れているところを発見された。地元保安官は記者会見で、この男が連続殺人犯だという「非常に強力な証拠」があると述べた。

オーティス容疑者は米海軍を経て、10年前から国境警備隊に勤務していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]