北朝鮮は「完全な非核化を直ちに開始」、トランプ氏が主張 

北朝鮮の「完全な非核化」について、トランプ氏が合意文書と異なる見解を示した

北朝鮮の「完全な非核化」について、トランプ氏が合意文書と異なる見解を示した

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は21日、ホワイトハウスでの閣議で、北朝鮮が「完全な非核化」を直ちに開始することに同意したと主張した。米朝首脳会談での金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との合意内容に関して誤解を招きかねない発言といえそうだ。

実際には、トランプ氏が金委員長と署名した文書は、「朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組む」とする北朝鮮の従来の誓いを改めて表明しただけだった。

しかしトランプ氏は閣議の席上、文書について「北朝鮮の完全な非核化を直ちに開始する」との内容だと主張。また、北朝鮮がすでに試験場の廃棄を始めたとの認識も示した。

ただマティス国防長官は20日、弾道ミサイル発射設備のさらなる解体に向けた具体的行動や、完全な非核化への追加措置を北朝鮮が首脳会談後に取った形跡は「把握していない」と述べていた。

マティス氏はまた、「プロセスが最初期の段階にあるのは明らかで、細かい交渉はまだ始まっていない」とも指摘していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]