「踊るFBI捜査官」逮捕、銃暴発で見物客負傷 米コロラド州

2018.06.13 Wed posted at 12:26 JST

[PR]

(CNN) 米コロラド州デンバーのバーで踊っていた非番の米連邦捜査局(FBI)捜査官が、バク転を披露した際に銃を落として暴発させ、見物客を負傷させた事件で、この捜査官が12日、警察に出頭して逮捕された。

デンバー警察によると、逮捕されたのはチェイス・ビショップ容疑者(29)。デンバー市内の施設に勾留され、暴行容疑で取り調べを受けている。

ビショップ容疑者は2日、バーで踊っていて後方に回転とびするバク転を披露したところ、宙返りする途中で、腰のベルトのホルスターに入っていた銃を取り落とした。床に落ちた銃に手を伸ばした瞬間、誤って発砲してしまったという。

同容疑者は銃を拾って自分のズボンに戻し、両手を上げてその場を離れた。

銃弾に当たって1人が足を負傷したが、警察によれば、命に別条はなさそうだという。

この現場を映した映像がネットで出回り、容疑者が逮捕されないことに対して疑問の声が噴出していた。

被害者の弁護士がCNN系列局のKMGHに語ったところによると、銃弾は被害者の男性の大動脈に当たっており、もしその場で手当てしてくれた人物がいなければ、失血死していた可能性もあるという。

事件が起きたバーは、このほどフェイスブックに掲載した声明で、捜査官が銃を携帯していた理由について、FBIから詳しい事情を聴きたいと表明していた。撃たれて負傷した客については、今後はいつでも飲料を無料で提供するとした。

元FBI監督官のジェームズ・ガグリアーノ氏は今回の事件について、若い捜査官がストレスを発散したい気持ちは分かるが、判断力の低さには衝撃を受けたと述べ、「もっと慎重に武器を隠して安全を確保しておくべきだった」と指摘している。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]