マクマスター米大統領補佐官が辞任、強硬派のボルトン氏に入れ替えへ

マクマスター大統領補佐官が辞任

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は22日のツイッターで、国家安全保障担当のH・R・マクマスター大統領補佐官が辞任に同意し、後任にはフォックスニュースのアナリスト、ジョン・ボルトン元国連大使を充てると発表した。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で、「18年4月9日付で、ジョン・ボルトン氏は私の新しい国家安全保障担当補佐官になる。マクマスター司令官は素晴らしい仕事をしてくれた。これからもずっと私の友人であり続ける。正式な引き継ぎは4月19日に行われる」と発表した。

ホワイトハウス高官は、「2人は以前から話し合いを続けていたが、継続的な憶測の代わりにチームを新しくすることが重要だと考え、時期を早めた」と述べ、「特定の時や事に関連していたわけではなく、2人の間で続いていた対話の結果だ」と強調した。

マクマスター氏は現役の陸軍中将でもある。ホワイトハウスを通じて発表した声明では、大統領補佐官を辞任後、今年夏に米陸軍からも引退すると表明。「国家安全保障担当補佐官として大統領と国に仕える機会を与えてくれたトランプ大統領に感謝する」と述べている。

タカ派のボルトン氏は、北朝鮮やイラク、シリアなどに対する強硬姿勢で知られる。北朝鮮との首脳会談を間近に控えたタイミングでの同氏の起用は、物議をかもす可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]