米テキサスでまた爆発、2人負傷 今月4件目

2018.03.19 Mon posted at 16:33 JST

[PR]

(CNN) 米テキサス州オースティンで18日夕に爆発があり、当局によると2人が負傷した。重傷だが命に別条はないという。オースティンでは12日にも小包に入った爆弾が爆発する事件が相次ぎ、死傷者が出ていた。

爆発の通報を受けた警察は、午後8時32分に現場に駆け付けた。

郡の緊急医療当局によると、負傷した2人はいずれも20代の男性で、ともに医療施設に運ばれた。

オースティンでは2日と12日にも爆弾入りの小包で死傷者が出る事件が相次いでいた。これら3件の爆発で2人が死亡、2人が負傷した。

警察は動機について不明としながらも、非白人ばかりが狙われていることからヘイトクライム(憎悪犯罪)の可能性もあると見て調べている。

18日の爆発が上記の事件と関係があるかどうかは明らかになっていない。オースティン警察の幹部は住民らに対し「小包もしくは小包とみられるものには決して触らないように。今の段階では近づいてもいけない」と警告した。

現場から800メートルほど離れたところに住む男性はCNNの取材に答え「大きな爆発音が窓やドアを閉め切った家の中まで聞こえた。ただその後も、飛行機や車の音が聞こえてきたので、爆発音についてはあまり考えなかった」と話した。

メールマガジン

[PR]