コーヒー店が警官の入店お断り、「安心感損なう」 米加州

2018.03.12 Mon posted at 10:45 JST

[PR]

(CNN) 米カリフォルニア州オークランドのコーヒーショップが、制服姿の警官の入店を拒む方針を打ち出して物議をかもしている。

きっかけは2月16日、「アスタ・ムエルテ・コーヒー」が、制服姿で来店した1人の警官の入店を拒んだことだった。これは同店の経営方針に基づく措置だったといい、インスタグラムへの投稿の中で、「警察がいると、身体的・精神的な安心感が損なわれる」と説明している。

CNN系列局のKCRAによると、入店を拒まれたのは、アラメダ郡ラテン系警察官組合の代表を務める警官だった。この警官はKCRAの取材に対し、入店を拒まれたことには驚いたが、事を荒立てることなく店を出たと話している。

オークランド警察は3月8日、「客を選ぶ経営者の権利を尊重する。オークランド警察は地域の他のメンバーと連携して、地域社会の結束を目指す取り組みの中で、事業者との建設的な対話を図る」とするコメントをツイッターに掲載した。

一方、アスタ・ムエルテ・コーヒーは、インスタグラムへの投稿の中で、同警察が「腐敗、不祥事、スキャンダル」や「あからさまな抑圧」を繰り返してきたと主張。店の安全を守るために必要なのは警察ではなく、地域社会に支持されることだと述べている。

同店はさらに、警官の人種や、ラテン系組織に所属していることに意味はないとも述べ、警官が絡む銃撃事件が減ったと同警察が訴えたところで、過去をぬぐい去ることはできないと強調した。

アスタ・ムエルテはスペイン語で「死ぬまで」の意味。クラウドファンディングを通じて資金を募り、2016年に開店した。開店当初から他のテナントとスペースを共有してきたが、2017年には自社ビルを開業している。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]