ホームレスの殺害相次ぐ、睡眠中に銃撃 米ラスベガス

監視カメラが捉えた路上に寝ているホームレスの男性。その後、男が車から降りて、ホームレスを撃った

監視カメラが捉えた路上に寝ているホームレスの男性。その後、男が車から降りて、ホームレスを撃った

(CNN) 米ラスベガスで先週、路上に寝ていたホームレス(路上生活者)が何者かに銃で撃たれて死亡する事件が続いた。警察が関連などを調べている。

ラスベガス警察によると、同市では2日、幹線道路の高架下に寝ていたホームレスの男性が、銃で頭を2発撃たれて死亡した。

警察がフェイスブック上で公開した殺害場面の映像には、寝ている男性の前を黒っぽいスポーツ用多目的車(SUV)が通り過ぎ、直後に黒っぽい上着の男が降りてきて発砲した後、逃げ去るまでの場面が映っている。男性は全く抵抗せず、目を覚ましさえしなかったように見える。

警察は生々しい映像であることを警告する一方、何か情報のある人は名乗り出てほしいと呼び掛けている。

その4日前の1月29日には、現場から約10分の大通りに面した店の前で寝ていた別のホームレス男性が、銃で撃たれて死亡していた。犯人は黒っぽいパーカーを着ていたとみられる。

警察は近隣の住民らに対し、防犯カメラに容疑者らしい人物やその車が映っていないかどうかチェックするよう要請。また、ホームレスの多い地域のパトロール態勢を強化した。

さらに市内のホームレスには事件が相次いでいることを知らせ、保護施設の利用を勧めているという。

ラスベガスでは1月28日にも別のホームレスが刃物で刺されたが、警察によれば銃撃とは無関係のけんかだったとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]