ロシアのスパイ船、米東岸沖160キロを航行

ロシアのスパイ船「ビクトル・レオーノフ」を米南東部の沖合で発見

ロシアのスパイ船「ビクトル・レオーノフ」を米南東部の沖合で発見

ワシントン(CNN) 米軍当局者は23日までに、ノースカロライナ州ウィルミントンの南東160キロの海上をロシアのスパイ船「ビクトル・レオーノフ」が航行しているのを発見したと明らかにした。この数日前、同船はトリニダード・トバゴの首都ポートオブスペインを出港したのが確認されていた。

米軍当局者によれば、海軍の駆逐艦をはじめとする複数の艦船がビクトル・レオーノフを追跡しているという。

ビクトル・レオーノフはスパイ活動のための様々なハイテク機器を備え、通信信号の傍受も可能。米国防当局者がCNNに語ったところによれば、先週カリブ海で活動しているのが目撃されていた。

同船の目的地は現時点で不明だが、前出の当局者は過去の事例に言及し、米東部沿岸の海域を北上するのが典型的なルートだと指摘する。具体的にはフロリダ州ケープカナベラル、ジョージア州キングスベイ、バージニア州ノーフォーク、コネティカット州ニューロンドンに近い海域で、これらすべての都市には米海軍の施設がある。

また別の当局者は、過去のパターンにもとづく検証として、ビクトル・レオーノフは4~6カ月にわたって米東岸沖に展開し、情報活動を行う公算が大きいとみている。

昨年の2月と3月にも同船は、米海軍の複数の施設に近い国際水域を航行していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]