米下院議員、女性関係巡り謝罪 ヌード写真が流出

2017.11.23 Thu posted at 14:00 JST

[PR]

(CNN) 米テキサス州出身のジョー・バートン米下院議員(共和党)は22日、ツイッターでヌード写真を暴露されたことを受けて、妻との離婚や複数の女性との関係を巡って「もっといい判断」をすべきだったとして謝罪した。

問題の写真はツイッターの匿名投稿に含まれていた。対応に協力している関係者のサラ・ドッド氏は、これがバートン議員本人の写真であることを確認した。

地元テキサス・トリビューン紙の報道を受けてバートン議員は声明を発表。「2番目の妻とは別れていたが、離婚前に他の複数の成人女性と性的関係をもっていた」「いずれも同意の上だった。これらの関係は終わっている。あの頃、もっといい判断力を行使しなかったことを残念に思う。地元の有権者をがっかりさせて申し訳ない」とコメントした。

問題の写真はバートン議員が自分で投稿したものではなく、誰が投稿したかは分からないという。ドッド氏は「真のプライバシー侵害」と強調する。

バートン議員は今月に入り、再選を目指す意向を表明していた。ドッド氏によれば、辞任する予定はないという。

ポール・ライアン下院議長の広報は、ライアン議長がバートン議員と話し合ったことを明らかにした。

ドッド氏によれば、今回は連休中だったことから、バートン議員は議員事務所ではなくドッド氏の会社に対応を依頼した。問題の写真についての電話が殺到していることから助けも必要だったとしている。

ほかにもバートン議員の写真が投稿される可能性があるかどうかについて、ドッド氏からコメントは得られなかった。

メールマガジン

[PR]