米同時テロ救助活動の消防士、がんで死去 医療補償法に尽力

米同時テロで救助活動に当たった元消防士のレイ・ファイファーさん(中央)が死去

米同時テロで救助活動に当たった元消防士のレイ・ファイファーさん(中央)が死去

(CNN) 2001年の米同時多発テロ事件の救助活動で有害物質を吸い込み、8年前からがんと闘っていた元消防士のレイ・ファイファーさんが28日に死去した。

ファイファーさんはニューヨーク市消防局(FDNY)の一員として同時テロ現場に出動。事件直後の1週間は消防車に寝泊まりし、その後も8カ月の間、がれきの中で捜索を続けた。この作業に関連したがんと診断されていた。

CNN系列局によれば、最近は脳腫瘍(しゅよう)や肺、副腎への転移に苦しみ、ホスピスでケアを受けていた。

ファイファーさんは、同時テロの救助活動などで健康被害を受けた患者の救済を訴え、医療補償法の成立に尽力した。米議会では15年12月、補償を90年まで延長する法案が可決された。この時の議会発表によると、同時テロ関連の病気やけがを抱える患者は約3万3000人に上る。

昨年ファイファーさんの功績をたたえて「ニューヨーク市の鍵」を贈呈したデブラシオ市長は、「ニューヨークはひとりの英雄を失った」と述べて弔意を表した。

ファイファーさんの家族は妻と一男一女。息子は父と同じ道を選び、FDNYの救急隊員を務めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]