FRB議長、格差固定に警鐘 「貧しい子ども、成人後も困窮」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FRBのイエレン議長

FRBのイエレン議長

ニューヨーク(CNNMoney) 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は23日、ワシントンで講演を行い、子ども時代に置かれた環境が成人後の生活水準に大きな影響を及ぼすとの調査結果を明らかにした。

イエレン議長は「貧しい子ども時代を送ると、大人になってから成功をつかむのが困難になることを示す少なからぬ証拠がある」と述べた。

イエレン議長が挙げたのは、未公表のFRBの最新調査の結果だ。この調査は過去数年にわたり、無作為に選ばれた米国民8000〜9000人を対象に行われた。

この調査でFRBは、子ども時代に十分な食べ物があるかどうかや、いつも面倒を見てくれる大人がいるかどうか、身の安全が守られているかどうかといった点で不安を感じたことがあるか尋ねた。「ある」と答えた人の50%以上は、成人した現在、経済的な困難に直面していた。

一方、そうした不安を感じたことがないと答えた人のうち、経済的に行き詰まっている人は25%にとどまった。

上記のような不安を抱えて育った人はそうでない人々に比べ、成人後も定職に就けなかったり、安定した収入が得られなかったり、月々の支払いに苦労する例が多いことも分かった。

イエレン議長はこの調査結果を根拠に、低所得層の多い地域での教育の拡充が、職業訓練などとともに非常に重要だと訴えた。

イエレン議長は「わが国の子どもたちすべてに強固な土台を与えることは、同様に米経済のための強固な土台を築くことにつながる」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]