未開封の炭酸飲料は「武器」 客室乗務員の発言が物議 米

タヘラ・アフマドさん

タヘラ・アフマドさん

(CNN) 米ユナイテッド航空機を利用したイスラム教徒の女性が、機内で差別を受けたと抗議している。未開封の炭酸飲料を注文したところ、客室乗務員から「武器に使う恐れがある」との理由で拒否されたという。

米ノースウェスタン大学専属のイスラム聖職者、タヘラ・アフマドさん(31)は29日、シカゴからユナイテッド機に搭乗した。

アフマドさんはイスラム教の女性が髪を覆うためのスカーフ「ヒジャブ」を着けて席に座っていた。客室乗務員に炭酸飲料を注文する際、衛生上の理由で「未開封の缶をください」と頼んだのに対し、乗務員は「武器として使われる恐れがあるのでお渡しできません」と答えたという。

しかしアフマドさんによると、乗務員はその直後、近くに座っていた男性に未開封の缶ビールを渡した。「差別ではないか」とアフマドさんが抗議すると、乗務員はいきなり男性の缶を開けてみせ、「武器にならないようにこうします」と言い放った。

ショックを受けたアフマドさんは、周囲の乗客に「今の出来事を見ましたか」と問い掛けた。すると通路を隔てた席に座っていた男性が「イスラム教徒は黙れ」と叫び、「缶を武器にするんだろう」とアフマドさんをにらみつけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]