イランの53年政変はCIA主導、初の公式文書確認 米大学

(CNN) 米ジョージ・ワシントン大学の国家安全保障公文書館は22日までに、イランのモハマド・モサデク政権が倒れた1953年のクーデターは米中央情報局(CIA)が主導したことを示す機密文書を公開した。

CIAがクーデターを仕掛けたことを明確に示す初の公式文書としている。文書は2011年に機密指定が解除され、同公文書館は情報公開法に基づき入手していた。この文書は1970年代半ばからのCIAのイラン介入の歴史の記述の中で見つかった。

文書を精査した公文書館の編集者によると、CIAはこの中でクーデターへの関与に詳しく言及。「モサデク首相率いる国民戦線内閣を打倒した軍事クーデターは米外交政策の一環としてCIAが率先して実行された」と明言。クーデターは米政府の最高レベルも承認したとしている。

クーデター画策はモサデク氏が1951年に首相に就任した直後から始められた。同氏は政権を握った後、即座に石油会社の国有化を図り、米国と英国は旧ソ連に利する動きとの警戒を強めた。米国は当時、石油政策や他の多くの問題についてイランと交渉していたが成果は得られず、イランは旧ソ連になびくとの危惧(きぐ)を深めていた。

CIAによるクーデター謀議は「TPAJAXプロジェクト」と暗号を持つ作戦で、モサデク政権の駆逐、当時のパーレビ国王の威信や権力基盤の強化をにらみ、ザヘディ将軍を首相にかつぐのが目的だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]