「ピクルス多すぎ」に腹立てた女、店員殴り暴れる 米

2013.05.14 Tue posted at 10:51 JST

[PR]

(CNN) 米マサチューセッツ州のホットドッグ店でサンドイッチを注文した女が、ピクルスの量に腹を立てて店員を殴り、ピクルスのびんをぶちまけるなどして逮捕された。警察が13日に明らかにした。

マサチューセッツ湾岸交通警察によると、事件は11日に地下鉄のクインシー駅にあるホットドッグチェーン店のネイサンズで発生した。

同店でチーズステーキサンドイッチを注文した女が、サンドイッチにはさまれた「ピクルスが多すぎる」と文句をつけ、代金の払い戻しを要求。拒まれると店員の顔面を殴り、ピクルスの入った容器2個を強く押しやって店員を床に押し倒した。

容器は割れ、女はサンドイッチを受け取らないまま逃走。店員はピクルスの汁を浴びながらも女を追いかけてつかまえ、駆けつけた警察官に引き渡した。

逮捕されたのは49歳の女で、調べに対し、口汚い言葉で店員をののしったり、サンドイッチの作り方に文句を言っているという。警察は暴行容疑で女を訴追する方針。

メールマガジン

[PR]