裸でビールをちびり、ロンドン繁華街にヌードパブ

英ロンドンの繁華街ソーホーのパブ、コーチ&ホーシズはヌーディストが楽しめる場に/Courtesy Kmart
写真特集:ロンドンでヌードパブを楽しむ

英ロンドンの繁華街ソーホーのパブ、コーチ&ホーシズはヌーディストが楽しめる場に/Courtesy Kmart

(CNN) 英ロンドンの繁華街ソーホーに店を構えるパブ、コーチ&ホーシズがこのほど、ヌード営業の許可を正式に取得した。客もスタッフも全裸でビールを楽しむことが可能になり、来月にはヌードナイトを企画している。

コーチ&ホーシズは2006年から店主のアラステア・チョートさんが運営。チョートさんは13年の歴史を通じ、店を「ロンドン初の菜食主義者向けパブ」に転換する取り組みを行ってきた。

さらに娘のホリーさんと協力して、ロンドンのパブの伝統である歌の集いを復活させ、「作家や記者、役者、芸術家によって愛されてきた自由奔放な雰囲気」を保とうと奮闘してきた。

当局から許可も取得し、店員も客も全裸を楽しめる環境に/Courtesy Kmart
当局から許可も取得し、店員も客も全裸を楽しめる環境に/Courtesy Kmart

今回の取り組みの発端はヌードカレンダーだ。カレンダーはロンドンの醸造会社フラーズによる買収に対抗する資金集めを目的に、チョートさんとスタッフが作成した。フラーズは11年からこのパブを所有しており、チョートさんとの賃貸契約を更新しない方針を示している。

チョートさんはCNNトラベルの取材に、こうしたヌード企画の着想源として「フル・モンティ」や「カレンダー・ガールズ」といった英映画を挙げた。「本当に助けを欲していた絶望的な状況で、価値あるものを守ろうとしていたとき、そこに服を脱ぐという英国の偉大な伝統を見つけた」

ヌード企画を立ち上げるためには、地元当局の許可を申請する必要があった。チョートさんによると、これは風俗業の営業に必要な許可に近い。

資金集めのヌードカレンダーをきっかけに取り組みを始めた。6月にはヌーディストが楽しめる夜を企画/Courtesy Kmart
資金集めのヌードカレンダーをきっかけに取り組みを始めた。6月にはヌーディストが楽しめる夜を企画/Courtesy Kmart

カレンダーが発売されると、世界中の裸体主義の人々からもうヌーディストは入店できるのかと問い合わせの電話が殺到した。

チョートさんは正確な日にちは決定していないとしながらも、「6月にヌードナイトを開催するつもりだ」と説明。イベントは事前の調整を経て、同意が得られた環境の中での上で行うという。

裸でいることは少し一緒にいれば気にならなくと語るチョートさん。「パブのバンド演奏があっても、そこにはさほど興味を示さず、いつの間にかバックグランドの音楽になるのと同じだ」「みんなが裸になれば陽気になって、とても楽しい時間になる」

店主のアラステア・チョートさん(写真右)と娘のホリーさん。同建物を所有する醸造会社はチョートさんとの賃貸借契約を更新せず、店を直営にしたい意向を示している。契約は6月中に切れる/Courtesy Coach & Horses
店主のアラステア・チョートさん(写真右)と娘のホリーさん。同建物を所有する醸造会社はチョートさんとの賃貸借契約を更新せず、店を直営にしたい意向を示している。契約は6月中に切れる/Courtesy Coach & Horses

CNNトラベルの記者がパブを訪れると、その日はヌードの人はいなかったが伝統的で落ち着いた雰囲気の店内で、木製のバーやピアノがあり、隅で会話を楽しむ人々もいた。チョートさんは、内装は豪華ではないが「これがみんなが好き」と語る。フラー社はこれをこぎれいにしようと計画しているとも触れ、それは好まないとも述べた。

フラー社の広報担当は「パブを経営するためにここを購入し、忍耐強く待ってきた」「ソーホーで素晴らしく長く続くパブであり、賃借人と合意の上で終了すれば、我々のビジネスの貴重な存在となる」と説明。経営権を取得した場合でもいまの特徴を維持すると主張している。

チョート氏は経営継続の支援を募るためにオンラインと店舗で署名運動を展開。オンラインで1万人超、店舗で5000人の署名を集めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]