砂漠の中の塩湖、希少な豪雨で色鮮やかなオアシスに変貌 豪

豪雨で満水となったことで様々な色彩を見せる豪州のエア湖/Courtesy Lachlan Swan
写真特集:砂漠の中の色鮮やかな塩湖

豪雨で満水となったことで様々な色彩を見せる豪州のエア湖/Courtesy Lachlan Swan

(CNN) オーストラリアの砂漠地帯にある広大な塩湖のエア湖。沿岸部の豪雨によって水をたたえた状態になり、乾燥した塩田から豊かなオアシスへと姿を変える珍しい現象が観測されている。

ブルーやピンクから輝くような白色まで、エア湖が放つ鮮やかな色彩は、全て自然が作り出した現象だ。

エア湖はオーストラリアで最も標高の低い地域にある。水がたまるのは3~10年に1度のみ。満水になったのは過去160年でわずか3回のみだった。

湖に水が満ちると塩が水に溶け、藻が繁殖することによってさまざまな色彩が現れる。

今年は東部のクイーンズランド州が豪雨に見舞われた影響で、約100キロ離れたエア湖に水が流入した。

この特別な光景を一目見ようと、同地には観光客や写真家が押し寄せている。水をたたえた状態がいつまで続くのかは分からず、場合によっては生涯で1度しか見られない可能性もある。

湖に水がたまると野生生物が姿を現し、鮮やかな色をした湖のあちこちに、ペリカンが群がる姿が観察できる。

旅行会社各社は、空からエア湖の眺めを堪能できるツアーを提供している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]