世界初の「エネルギーを生み出す」ホテル、北極圏で2021年にオープン

自家発電ホテル「スヴァルト」は2021年のオープンを目指している
写真特集:「エネルギーを生み出す」ホテルが登場

自家発電ホテル「スヴァルト」は2021年のオープンを目指している

(CNN) ノルウェー北部ヘルゲランの海岸線に近付くと、山麓(さんろく)を流れ落ちるスヴァルティセン氷河が見えるだろう。またノルウェー海につながる、ジンのように澄んだフィヨルドの水面には、青い山がまるで鏡のように映っている。

2021年にオープン予定のホテル「スヴァルト」は、そんな美しい自然の中に誕生することになる。スヴァルトは、建設や運営に使用するよりも多くのエネルギーを生み出す世界初のホテルとなる見通しだ。

国際的な建築事務所スノヘッタが設計を手掛け、旅行業者アークティック・アドベンチャー・オブ・ノルウェーと不動産会社MIRISが所有するこの斬新な円形のホテルは、地熱や太陽光エネルギーを使って消費量以上の電力を作り出し、その余った電力を送電網に送り込むことができる。

エネルギーを生み出す設計

氷が溶けてなくなる前に一度は行ってみたいと考えている旅行者たちにとって、北極圏は神秘的な魅力がある場所だ。2015年にノルウェーを訪れた旅行者は360万人で、前年から12%増加した。

北極圏の人気上昇を受け、アークティック・アドベンチャーは、ノルウェーの自然の美しさを体験する、より環境にやさしい方法を模索し始めた。

そこで生まれたのがスヴァルトだ。

スヴァルトは「パワーハウス」の建物だけあり、ホテルの「寿命」の間に、生産や運営、改修、取り壊しに使用する以上の再生可能エネルギーを作り出す。パワーハウスは、消費量以上のエネルギーを生み出す建物作りに取り組むノルウェーの非政府組織(NGO)と企業で構成される組織で、スヴァルトはパワーハウス初のホテルだ。スヴァルトを設計したスノヘッタもパワーハウスに参加している。

徹底した省エネ

パワーハウスが定めた基準を満たすため、スノヘッタのチームは、ホテルのあらゆる面でエネルギー使用を最適化する必要があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]