超音速機コンコルド、実際の乗り心地は? 経験者が振り返る

コンコルドが最後に空を飛んでから15年。速度という点では今でも、商用航空の世界で他の追随を許さない。ここでは写真を通じ、音速の2倍の速度で飛行する体験を味わってみよう
写真特集:コンコルドでの空の旅を追体験

コンコルドが最後に空を飛んでから15年。速度という点では今でも、商用航空の世界で他の追随を許さない。ここでは写真を通じ、音速の2倍の速度で飛行する体験を味わってみよう

(CNN) ノルウェー・エアシャトルのボーイング787型機は今年初め、強いジェット気流に乗り、米ニューヨークから英ロンドンまで「史上最速」の5時間13分で到達した。予定時刻に1時間近く先駆けての着陸だった。

ただ「史上最速」というのは、亜音速機に限った話だ。

40年以上前の1976年、英仏共同開発の超音速機「コンコルド」に乗った乗客は、3時間半未満で大西洋を横断した。飛行速度は音速の2倍だった。

コンコルドで完成にこぎ着けたのはわずか20機。航空会社に納入されたのは仏エールフランスと英ブリティッシュ・エアウェイズに7機ずつ、計14機のみだ。

最高級のサービスと料理、特別な人しか使えない空港ラウンジ、成層圏を突き抜けそうな高額な運賃とともに、コンコルドの乗客は他の航空便のはるか上を行く空の旅を味わい、戦闘機を上回る速度で目的地に向かった。

しかし、コンコルドでの空の旅というのは実際にはどのような体験だったのだろうか。CNNは今回、かつてコンコルドに乗ったことのある人たちから話を聞いた。

心地よい空間

コンコルドに5回搭乗したCNNのリチャード・クエスト記者は、客室乗務員も乗客も同機に乗るのが大好きだったと述懐。「コンコルドに乗るという特権に恵まれた一握りのグループの一員であることを意識していた」と振り返る。

「コンコルドは極めて小さく、座席はわずか100席ほどだった。備え付けられていたのはオフィス用の椅子やバケットシート、非常に小さな窓といった感じだった。騒音は極めて大きかったが、乗ってみれば誰でも満面の笑みになるのをこらえきれないはずだ」

胴体部分の機内幅は2.63メートルで、客室は今日のカナダ・ボンバルディアのリージョナルジェットよりもわずかに広い程度。座席の配置は単一通路の両側に2席ずつというものだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]