世界最高のエアラインはNZ航空 日系2社もベスト10入り

2017.11.08 Wed posted at 19:18 JST

[PR]

(CNN) 航空会社の評価サイト、オーストラリアの「エアラインレーティングス」がこのほど発表した2018年版の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」賞で、ニュージーランド航空が5年連続の総合トップに選ばれた。ベスト10には全日空と日本航空も入っている。

同サイトは毎年、業界団体や政府機関による主要な安全監査の結果や保有する機体の使用年数、乗客からの評価、収益性などに加え、乗客の満足度向上に向けた革新的な取り組みなどを総合的に審査し、世界最高の航空会社を発表している。

審査委員会によると、ニュージーランド航空は全ての基準でトップ、または同点1位をマークするという画期的な高評価を得た。

部門賞は、ファーストクラスがシンガポール航空、ビジネスクラスでは英ヴァージン・オーストラリア航空が2年連続の受賞を果たした。

プレミアムエコノミークラスの部門ではニュージーランド航空、エコノミークラスでは座席の広さが評価されて大韓航空が選ばれた。

このほか豪カンタス航空が機内食とラウンジ、国内線サービスの3部門で受賞している。

同時に発表されたベスト10は、いずれも安全性が7段階中の最高レベルと評価され、さらに革新的な取り組みも進めている「精鋭」ぞろいだという。

メールマガジン

[PR]