機内の迷惑行為、「後ろから蹴られる」が2年連続トップ 米

子どもが騒いでも知らん顔の保護者が2位に

子どもが騒いでも知らん顔の保護者が2位に

今年の迷惑行為トップ10は以下の通り。

1.座席後部を蹴る 61%

2.子ども放任の保護者 59%

3.強い臭い 50%

4.騒音(おしゃべり、音楽) 50%

5.飲みすぎ 45%

6.しゃべりすぎ 43%

7.手荷物の扱いのルール違反 38%

8.順番飛ばし(われ先に降りようとする) 35%

9.座席のリクライニング 32%

10.頭上の手荷物入れの身勝手な使用(自分の座席付近ではなく目に付いた場所を使用)

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]