フランスの町「ビッチュ」の公式ページ、フェイスブックが削除しちゃった

フランス・ロレーヌ地方の町「ビッチュ(Bitche)」/Shutterstock

フランス・ロレーヌ地方の町「ビッチュ(Bitche)」/Shutterstock

フランス・パリ(CNN) 米SNS大手のフェイスブックが、フランス北東部の町「ビッチュ(Bitche)」の公式ページを手違いで削除してしまうハプニングがあった。ビッチュの町長が13日、CNNに明らかにした。

ビッチュのブノワ・キーファー町長は、「フェイスブックから通知が届いた。ページがなくなったことには自分たちでも気付いていた」と話す。公式ページが削除されたのは3月19日。「最初は技術的問題かと思った。しかし長引いていたので本物の検閲だったらしい」

町の人口は約5100人。フェイスブックには郵便番号に基づく「Mairie 5723」の名称で新しいページを開設した。

元のページはフェイスブックが問題を確認したことを受けて13日に復活した。同社は「手違いで削除した」とCNNに説明している。

フェイスブックの規定では、不適切な言葉や人権を侵害する可能性がある言葉などをページの名称に含めることはできないと定めている。

同ページは13日午前10時半ごろ復活したとキーファー町長は話し、「それまでは何の情報もなかった」と付け加えた。

町長はフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)をビッチュに招き、「幾度となく歴史に登場した美しい要塞(ようさい)都市」を案内したい意向だという。

近郊の町「ロアバッハレビッチュ(RohrbachーlesーBitche)」も念のため、今月12日にページの名称を「Ville de Rohrbach」に変更したことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]