インド、「ティックトック」などの中国製アプリを禁止に

インドが「ティックトック」などの中国製アプリの使用を禁止した/Nasir Kachroo/NurPhoto/Getty Images

インドが「ティックトック」などの中国製アプリの使用を禁止した/Nasir Kachroo/NurPhoto/Getty Images

サンフランシスコ(CNN Business) インド電子・情報技術省は29日、「TikTok(ティックトック)」などのアプリについて、主権や一体性への脅威だとして使用を禁止した。よく知られた中国製アプリが対象となっており、インドと中国の間の緊張関係が高まっていることを示す新たな事例となった。

電子・情報技術省によれば、一部のアプリが利用者のデータをインド国外のサーバーへ転送したり悪用したりしているとの多くの苦情が寄せられていたという。

使用が禁止されたアプリは59で、多くの有名な中国製アプリが含まれている。

声明で中国の名前は出していないものの、今回のアプリの使用禁止は、インドと中国の間で軍事的緊張が高まっている時期に発表された。両国は先ごろ、係争地域で軍が衝突し、インドの兵士少なくとも20人が死亡した。インドでは、中国の製品やサービスのボイコットを呼び掛ける動きも出ている。

使用が禁止となる中国製アプリは、ゲームの「クラッシュ・オブ・キングス」、対話アプリ「微信(ウィーチャット)」、中国版ツイッターの「微博(ウェイボー)」など。

ティックトックのインドの利用者数は推計1億2000万人で、インドは主要な市場の一つとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]