新型肺炎拡大の中国、人との交流はゲームで プレー時間急増

中国のモバイルゲーム「王者栄耀」は先月末、1日の平均ユーザー数が史上最多に/Timi Studios/Tencent

中国のモバイルゲーム「王者栄耀」は先月末、1日の平均ユーザー数が史上最多に/Timi Studios/Tencent

ニューヨーク(CNN Business) 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が続く中国。感染を避けるために人々がもっぱら自宅で過ごすなか、ゲームを通じた交流が活発化している。

中国では例年、春節(旧正月)休暇の時期になるとゲームのプレー時間が増える。ただ、今年はコロナウイルスの感染拡大を受け、当局が各地で休暇を3週間近く延長したため、多くの人が時間を持て余す結果となった。

新型コロナウイルスは昨年12月に湖北省武漢市で発生。これまでに世界で6万5000人以上の感染が確認され、少なくとも1486人が死亡した。感染例の大半は中国に集中している。

外出できない日々が続くなか、多くの人はインターネット上で交流する道を選んだ。

広東省東莞市に住むチャンチャオ・ヤンさん(24)は取材に、「どちらにしろ年始は家にいるのが普通だ。今年はコロナウイルスのせいで、ほぼ常に家の中で過ごしている」と話す。

ヤンさんは旧正月の期間中、河南省開封市の故郷に戻っていた。広東省東莞市に戻ると、仕事復帰前に14日間の自宅待機を求められた。

「今回の休暇は長すぎる」とヤンさん。職場に戻れるのは17日だという。

アジアのゲーム業界を専門とする調査会社ニコ・パートナーズによると、テンセントのモバイルゲーム「王者栄耀」は1月30日の週に、1日当たりの平均ユーザー数が史上最多を記録した。

ニコ社は報告書で「増加の主因は新型コロナウイルスの影響だと考えている。旅行に出たり外で人と交流したりする代わりに、家にとどまるゲーマーが多く、プレー時間が増えた」と分析。休暇の延長や一部の都市での移動制限により、今後数週間でさらに支出やダウンロードが増える見込みだとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]