トランプ陣営に協力の英データ企業が破産申請、個人情報不正利用疑惑で苦境に

個人情報の不正利用疑惑で批判を浴びたケンブリッジ・ アナリティカが破産を申請した

個人情報の不正利用疑惑で批判を浴びたケンブリッジ・ アナリティカが破産を申請した

ワシントン(CNN) 2016年の米大統領選でトランプ陣営に協力していた英データ分析会社ケンブリッジ・ アナリティカが17日、米連邦破産法7条の適用を裁判所に提出した。

同社に対しては、交流サイト大手フェイスブックに登録された膨大な個人情報を不正利用していた疑惑が浮上したことで批判が巻き起こっていた。

ケンブリッジ・アナリティカは3月の声明で、当時のアレキサンダー・ニックス最高経営責任者(CEO)を停職処分にすると発表。一方で、トランプ陣営のためにフェイスブックのデータを不正利用した疑惑については否定していた。

5月には全業務を停止し、破産手続きを始める意向を示した。声明で「従業員が倫理的かつ合法的に振る舞ったことに揺るぎない自信を持っている」としつつも、「メディアによる一斉報道」で顧客や取引先が離れていったと、事業の継続が不可能になった理由を明かした。

同社が苦境に陥った背景には、英テレビ局チャンネル4が行った覆面取材の影響もある。当該の取材映像には同社幹部がトランプ陣営への協力について言及したり、ニックス氏が候補者に不利な情報を入手するため「女の子を送り込む」考えを示唆したりする様子が捉えられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]