アップル、時価総額1兆ドルへ バフェット氏の支持も追い風

米アップルの時価総額が1兆ドルに近づいている

米アップルの時価総額が1兆ドルに近づいている

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルの時価総額が1兆ドル(約109兆円)に到達しつつある。アップルの株価は7日、過去最高を記録した。アップルが時価総額1兆ドルとなれば米企業としては初。

資産家で投資会社バークシャー・ハサウェイを率いるウォーレン・バフェット氏がアップル株を7500万株追加取得したことを明らかにしたことが好感され、4日もアップルの株価は上昇していた。

バークシャー・ハサウェイの保有数は2億4000万株超とアップルの発行済み株式の約5%に相当する。

アップルの業績は順調だ。

今月発表した2018年1~3月期の決算では、米国市場での「iPhone(アイフォーン)」の販売は減速したものの、市場予測を上回る純利益を計上した。iPhoneの販売は日本や中国では大きく伸びた。

アップルは自社株買いの実施も発表している。アップルの株価は5月、13%上昇した。

アップルは米企業で初めて時価総額1兆ドルに到達するかもしれない。しかし、その後を追う企業も控えている。アマゾンの時価総額は7500億ドルを超えている。マイクロソフトやグーグルの持ち株会社アルファベットの時価総額も7500億ドル規模だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]