セクハラ被害の女性たち、ツイッターで「私も」と連帯

2017.10.16 Mon posted at 13:19 JST

[PR]

(CNN) セクハラや性的暴行の被害者がツイッターへの書き込みに「Me too(私も)」というハッシュタグを付け、連帯を図る動きが広まっている。ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏が多数の女優らにセクハラ行為を繰り返していたとの報道を受け、米女優アリッサ・ミラノさんが15日に呼び掛けたものだ。

ミラノさんは「セクハラや性的暴行を受けたことのある女性たちが全員『Me too』と書き込めば、問題の重大さを人々に知らせることができるかもしれない」とツイート。ソーシャルメディアはその日のうちに、「Me too」のメッセージであふれ返った。

このハッシュタグとともに、一部の有名人や多数の一般市民がセクハラ被害の経験を打ち明けた。女性たちの声に交じって男性からの書き込みもあった。

ミラノさんは、ワインスタイン氏に強姦されたと訴えている女優、ローズ・マッゴーワンさんとテレビの人気ドラマシリーズ「チャームド~魔女3姉妹~」で共演した仲。ワインスタイン氏との離婚を表明したファッションデザイナー、ジョージナ・チャップマンさんとも一緒に仕事をした友人であることから、先週公開したエッセイでは、同氏の問題で発言するのは「個人的に複雑」だと明かしていた。

ミラノさんは一方で、「職場でのセクハラや性的暴行はワインスタイン氏だけの問題ではない」「状況を広く変えていかなければ」と主張している。

メールマガジン

[PR]