洪水被害抑制へ、鍵は予測と貯水量の調整 米新興企業

2017.10.13 Fri posted at 17:58 JST

[PR]

ロンドン(CNNMoney) 「ハービー」に「イルマ」に「マリア」。カリブ海で発生したハリケーンが今年は猛威を振るっているが、こうした強力なハリケーンが引き起こす被害を低減しようと、取り組みを進めている新興企業がある。抑止の鍵は、洪水の予測と貯蔵する水の量の調整だ。

米国に拠点を置くオプティは、各都市が洪水を予測し、降った雨の貯水や排水をより良くコントロールできるよう支援するためのテクノロジーの開発を進めている。

オプティはすでに投資家から1100万ドルを超える資金調達を行っている。

町を洪水から守るひとつの方法は、貯水池を利用することだ。嵐が来た際には、雨がそうした池に流れ込み、そこに水がたまる。

しかし、大規模な嵐だと貯水池が扱えないほど大量の水がもたらされる。結果として、頻繁に水があふれ、川などに流れ込み、堤防を決壊させて、洪水が引き起こされる。

オプティは天気予報を監視するソフトウェアで氾濫(はんらん)を抑止することを支援し、貯水池の水量をどう調節すべきか予測する。

メールマガジン

[PR]