Fashion

ヴィクトリア・ベッカムのブランド、「革の不使用」を宣言

ヴィクトリア・ベッカムのブランドが動物の革の不使用を宣言

ヴィクトリア・ベッカムのブランドが動物の革の不使用を宣言

英アイドル歌手からファッションデザイナーに転身したヴィクトリア・ベッカムが、自身のブランドで爬虫(はちゅう)類などの革を使わないと宣言した。

これまでも毛皮は使っていなかったが、今年の秋冬コレクション以降、服や小物にワニやヘビ、トカゲなどの革を一切使わないことにしたという。

米動物愛護団体PETAの英国支部長は、革のハンドバッグや靴の一つ一つに「暴力的な死」が隠されていると述べ、ベッカムの決断によって「無数の動物が大きな苦痛を免れる」と強調。ほかの高級ブランドも後に続いてほしいと呼び掛けた。

フランスの高級ブランド、シャネルも昨年、商品に毛皮や爬虫類の革を使わないと宣言した。

昨年9月のロンドン・ファッション・ウィーク(LFW)では参加した80ブランドが一切毛皮を使わず、初めて「毛皮ゼロ」のコレクションが宣言された。今シーズンのLFWは15日から開催される。

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]