自動運転の電気バス、スイスの町で本格運用 観光路線でも活躍

自動運転の電気バス

(CNN) スイス北部の小さな町シャフハウゼンで、完全自動運転の電気バスが世界で初めて本格導入され、通常の路線バスとして運行されている。

自動運転バスはメーカー各社が世界各国で競って実用化を目指しているが、米ラスベガスでは初日に事故を起こすなどのトラブルも続く。そうした中、シャフハウゼンでは今年3月から一般の乗客が自動運転バスに乗車できるようになり、人気観光地のライン滝にもこのバスで行くことができるようになった。

車内に運転手の姿はなく、運転席のペダルもハンドルもない。バスは高度なセンサーを使って交通の流れに乗り、危険な状況を見極める。予期しない障害物や不注意な歩行者が現れた場合の反応は、人間よりも早いという。

スピードは最大時速25キロとそれほど速くはない。しかし1回の充電で終日運行が可能だといい、通常は夜間に3~4時間かけて充電している。

現時点では係員1人が乗務して、必要があれば「ゲームパッド」を使ってバスを制御する。しかしいずれは係員の乗務が不要になることを目指す。

シャフハウゼンの公共交通機関運輸当局は、これまでカバーされていなかったルートや採算が取れなかったルートでも、将来的に自動運転バスを運行できるようになると期待を寄せている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]