エアバス機、ドイツの空にクリスマスツリーの航跡描く

ドイツ上空に「クリスマスツリー」が出現。祝い方に限界はない

ドイツ上空に「クリスマスツリー」が出現。祝い方に限界はない

(CNN) ドイツで13日、北部ハンブルクから離陸した欧州エアバスの航空機が、同国の上空に精巧なクリスマスツリーの航跡を描く出来事があった。この航跡は航空機の位置を表示するウェブサイトで鮮明に見ることができる。

今回の件で称賛に値する点としてはまず、クリスマスを祝うための新しく創造的な方法を見つける能力には明らかに限界がないと示したことが挙げられる。また、エアバスが非常に正確な試験パイロットを雇っており、クリスマスツリーの装飾をきちんと丸く描いているのも驚くべき点だ。

さらに、パイロットが小さな輪を複数描き、旋回して出発地点に戻る際に、いぶかしげに窓の外を見渡している乗客もいなかった。エアバスは今回の航跡について、ハンブルクを拠点に活動する試験飛行チームの仕事だと明言している。

これらの試験飛行チームは、整備や証明取得のため新型機や現役機の点検を行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]