世界各地で反トランプデモ、女性の権利など訴え

ロンドンで大規模な反トランプ集会

(CNN) 米首都ワシントンと世界各地の都市で21日、女性の権利や市民権の擁護を訴えるデモが次々に実施された。参加者に共通するのは、20日に就任したトランプ米大統領による権利侵害への懸念だ。

ワシントンでの「女性の行進」は、同日午前10時に連邦議会議事堂前を出発。主催者は25万人が参加するとの見通しを示した。

デモは昨年11月の大統領選後、フェイスブックを通した呼び掛けをきっかけに計画された。トランプ氏の政策や女性蔑視とみられる過去の発言、性的スキャンダル疑惑などに抗議する参加者が、鮮やかなピンク色のニット帽を着けて集合した。

主催者によると、議事堂前の緑地帯「ナショナル・モール」をピンクで埋め尽くそうという呼び掛けに応えて、全米各地やフランス、ニュージーランドからも、計数万点に及ぶ手作りのニット帽が寄せられた。

この日はボストンやニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスなど全米の数百カ所で「姉妹デモ」が計画され、世界各地の都市でも多くの人々が行進に参加した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]