米、外交官35人追放など対ロ制裁発表 ロシアは報復言明

オバマ政権がロシアに対する制裁措置を発表した

オバマ政権がロシアに対する制裁措置を発表した

(CNN) ロシアがハッキングにより今年の米大統領選に介入にしたとされる問題で、オバマ米大統領は29日、ロシア情報機関への制裁や外交官の国外退去命令など、前例にない報復措置を取ったことを明らかにした。これに対しロシア当局は、ロシア政府は同様の対抗措置を取る意向だと言明した。

オバマ政権は、ハッキングへのロシアの関与は「重大な悪意あるサイバー関連活動」だと指摘。選挙に介入したとして、ロシア人4人とロシアの5組織に対し制裁を科した。また、ロシアの外交官35人に72時間以内の国外退去を命じたほか、ロシア関連施設2カ所の閉鎖も行われる。

選挙へのハッキングに関与したロシア当局者の名前が制裁リストに記載され公になるのは初めて。

ホワイトハウスの声明で、ロシアのサイバー活動は選挙に影響を与え、米国の民主制度への信頼を失わせると共に、米国の選挙過程の健全性についての疑念を植え付ける意図で行われたとしたほか、米政府機関に対する信頼を失墜させる意図もあったと指摘。「こうした行動は受け入れられず、許容されない」と述べた。

ホワイトハウスと米財務省が出した声明によると、選挙に介入したとして米政府の制裁対象になっているのは、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)とロシア連邦保安庁(FSB)の2つの情報機関、GRUの幹部4人のほか、GRUの作戦任務を物資面で支援した企業3社。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]