バスルームに閉じ込められた米選手、ドアをパンチで破り脱出

扉をぶち破って脱出

(CNN) ロシア・ソチ五輪出場のため選手村に滞在している米国のボブスレー選手が、自室のバスルームに閉じ込められ、ドアをパンチで破って脱出する出来事があった。大きな穴が開いた扉の写真はソーシャルメディアで公開している。

トラブルに遭遇したのはジョニー・クイン選手(30)。選手村の自室で8日、シャワーを浴びてバスルームから出ようとしたところ、ドアが開かず出られなくなった。大声で助けを求めたり壁を激しくたたいたりしたが、誰も気づいてくれなかったという。

クイン選手は「中に座って壁のあちこちをたたき、誰かに気づいてもらおうとした」「バスルーム中をたたいて回っているうちにドアにたどり着き、殴るとひびが入った。そこでもう少し力を入れると、こぶしがドアを突き抜けた」と話す。

脱出した後、心配になってフロントに連絡したところ、問題はないと言われ、ドアも交換してもらえたという。

クイン選手は米プロフットボールリーグ(NFL)グリーンベイ・パッカーズで活躍した元アメリカンフットボール選手で、身長約180センチ、体重は約100キロ。ボブスレーの練習のために腕立て伏せで鍛えた腕が役に立ったと話している。

大会には16日に出場予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]