「アトラスV」ロケットの打ち上げ成功、X37Bが再び空へ

「アトラスV」ロケットの打ち上げ成功

(CNN) ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)は17日、米フロリダ州ケープカナベラルで、極秘任務に当たる宇宙航空機「X37B」を搭載した「アトラスV」ロケットの打ち上げを成功させた。悪天候によって打ち上げは当初の予定から1日遅れとなった。ULAはロッキード・マーチンとボーイングの合弁事業。

今回の打ち上げにより、誕生して間もない米宇宙軍によるミッション「USSF―7」が開始となる。

ULAによれば、X37Bの打ち上げは今回で6度目。

X37Bは昨年10月に終えた前回のミッションで780日間にわたって地球の軌道上を飛行した。X37Bは飛行のたびに地球周回軌道での滞在期間を延ばしてきた。

今回の打ち上げは新型コロナウイルスの感染拡大抑止に向けて闘っている最前線の人たちに捧げるものともなっており、ロケットのペイロード部分に文言が記された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]