重さ13キロ超の「月の石」、2.7億円で売り物に アポロ計画のサンプル上回るサイズ

重さが約13.5キロある月隕石「NWA12691」/Christie's Images

重さが約13.5キロある月隕石「NWA12691」/Christie's Images

(CNN) アポロ計画の宇宙飛行士が地球に持ち帰ったサンプルより大きな月のかけらがこのほど、オークション運営会社のクリスティーズから売りに出されることになった。

クリスティーズの発表文によると、NWA12691の名称で知られるこの月隕石(いんせき)は流星群の中の1つとして地球に降り注いだもので、2年前にサハラ砂漠で見つかった。

販売にあたり提示された価格は250万ドル(約2億6700万円)前後。オークションではなく当事者同士の売買となるため、当該の金額が払える人であればだれでも即座に購入することができる。

月隕石は小惑星か彗星(すいせい)が月に衝突することで生じる隕石で、地球上で見つかるのは極めて珍しい。これまでのサンプルは手のひらに収まる大きさだったが、NWA12691はその10倍を超えるという。

アポロ16号の宇宙飛行士が1972年に地球に持ち帰った「ビッグミューリー」と呼ばれるサンプルの重さは、およそ11.7キロ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]