6月は木星観測のチャンス、双眼鏡使えば衛星も

木星やその衛星を大きく明るい状態で観測できるチャンスが訪れる/NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran

木星やその衛星を大きく明るい状態で観測できるチャンスが訪れる/NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran

(CNN) 世界の天文ファンにとって、6月は木星を細部まで観察できるチャンスが訪れる。双眼鏡を使えば木星の衛星も見られるかもしれない。

米航空宇宙局(NASA)によると、6月は木星が最も大きく、明るく見える月になる。「太陽系最大の惑星、木星は、肉眼で見ても輝く宝石のように見えるが、双眼鏡や小型望遠鏡を通して見ると素晴らしい。4つの大きな衛星も見えるだろう」とNASAは解説する。

運が良ければ、木星の表面を覆う帯状の雲を垣間見ることもできるかもしれない。

米国時間の10日には、木星と地球と太陽が一直線に並び、木星が最もはっきり見えるようになる。しかしNASAによれば、木星が見えやすい状態は今月いっぱい続く。

14~19日にかけては、月と木星と土星が並ぶ美しい夜空が観測できる。月は地球の周りを周回していることから、配置は毎晩変化する。「夜ごとの月の動きを注意深く観察してほしい」とNASAはアドバイスする。

木星が最も見えやすいのは南半球だが、今回の天体ショーは世界中で観測できる。

英王立天文学会の専門家ロバート・マッシー氏によると、惑星は恒星と違って瞬くことがないため、地平線に近い位置でもはっきり見える。観測するには南の地平線付近がよく見える場所を探す必要がある。

双眼鏡を使えば木星の形状や、4個の衛星も観察できる見通し。望遠鏡を使えばさらに細部まで見える。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]