地球の生命、44億年前の惑星衝突から誕生 米研究

NASA

NASA

(CNN) 地球上の生命の源となった炭素、窒素、水素などの元素は、44億年前、地球に衝突した火星ほどの大きさの惑星によってもたらされた――。23日の学術誌にそんな説が発表された。

太古の地球には炭素などの揮発性元素は存在しておらず、何らかの形でこうした成分が地球にもたらされなければ、生命は存在していなかった。

今回の論文を発表した米ライス大学の研究者によると、そうした元素が地球にもたらされたタイミングや仕組みについては定説がなく、盛んに論議されてきたという。

そこで研究チームはそれぞれのシナリオを想定してコンピューターシミュレーションを行い、10億あまりの説について検証した結果を、現在の太陽系の状況と照らし合わせた。

その結果、揮発性元素をもち、核に硫黄を豊富に含む火星サイズの惑星が地球に衝突した際に、こうした元素がもたらされたと想定すると、全ての証拠と合致することが分かった。月が誕生したのもこの衝突が原因だった。

研究チームは今回の説について、「我々のシナリオでは初めて、あらゆる地球科学的証拠に照らして、(揮発性元素が地球にもたらされた)タイミングや仕組みを説明できる」と解説する。

さらに、地球と月の揮発性元素の発生源が同じだったことも判明し、月が誕生した後に揮発性元素が地球にもたらされたという説は否定されたとしている。

今回の説が示唆する影響は、地球だけにとどまらない。大気や地表を覆う海など、生命をはぐくむ環境を形成できるだけの揮発成分は、地球単独では生成できなかった。

つまり、「地球のような岩石惑星が、構成要素の異なる惑星と衝突すれば、生命に欠かせない要素を獲得するチャンスがある」と研究者は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]