湖の色が鮮やかな「ピンク」に豹変 豪州

2017.03.09 Thu posted at 19:20 JST

[PR]

(CNN) オーストラリア南部メルボルン市にある塩水湖が鮮やかな「ピンク色」に豹変(ひょうへん)する現象がこのほど起きた。

温暖な気候、陽光、少ない降雨量と極めて高い塩分濃度などの条件が絡み合った自然現象となっている。

塩水湖が位置するのはウェストゲート公園内。同公園管理当局によると、湖底部分にある塩の固まり周辺で藻類の成長が進み、赤色の色素が生まれる。ベータカロテンと呼ばれる栄養素となっており、光合成プロセスの過程で出現する。

鳥のフラミンゴの羽がピンク色になっているのは、ベータカロテンを含む藻類を餌にしているからだという。

ピンク色に染まった塩水湖は冬季までに、元通りの変哲もない青色に戻ると予想されている。

メールマガジン

[PR]