リオ・パラリンピック開幕 資金不足など乗り越え

ブラジル・リオデジャネイロでパラリンピックが開幕

ブラジル・リオデジャネイロでパラリンピックが開幕

(CNN) 第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会は7日午後、リオ市内のマラカナン競技場で開会式を行い、開幕した。

開会式には約160カ国・地域から4000人以上が参加した。ロシアは国際パラリンピック委員会(IPC)から参加が認められなかった。

大会前にはチケット販売の不振や予算の削減、施設の閉鎖などの問題が浮上した。8月中旬までのチケット販売率は12%にとどまり、スポンサー不足も重なって資金不足が深刻化。ボランティアの減少や多くのメディアセンターの閉鎖、一部開催地の変更などの問題にも見舞われた。

だが、IPCはリオ市長の協力を得て追加資金や国営企業とのスポンサー契約を獲得。またブラジル政府からは治安部隊の確保の約束も取り付け、開幕を迎える形となった。

IPCのフィリップ・クレーブン会長によると、チケット販売は五輪終了後に大幅に伸び、予定枚数250万枚のうち6割に当たる150万枚が既に売れた。2012年のロンドン大会には及ばないものの、08年北京大会よりは売れ行きがいいという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]