葛西紀明、2022年の北京五輪に「絶対出る」

スキージャンプの葛西紀明。4年後の北京五輪への意欲を表明した

スキージャンプの葛西紀明。4年後の北京五輪への意欲を表明した

(CNN) 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子団体(ラージヒル)に出場した葛西紀明(45)だが、チームは6位に沈んだ。1992年のアルベールビル五輪に出場して以来、冬季五輪に参戦している葛西だが、2022年の北京大会にも参加する意欲をみせている。

4年後の北京五輪の時には49歳となる葛西だが、「目指すというか、絶対出ます!」と宣言。最終的には、10度の五輪出場を目指しているという。

葛西は1994年のリレハンメル五輪ではラージヒル団体で銀メダルを獲得。14年のソチ五輪ではラージヒル個人で銀、ラージヒル団体で銅に輝いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]