オリンピックの「時価総額」は3.7兆円、米アップルに次ぎ世界2位?

オリンピックが時価総額換算で米アップルに次ぐ世界2位に (C)LAUREN SAID-MOORHOUSE/CNN

オリンピックが時価総額換算で米アップルに次ぐ世界2位に (C)LAUREN SAID-MOORHOUSE/CNN

(CNN) アマチュアスポーツの祭典として始まったオリンピックは、時価総額に換算すると米アップルに次ぐ世界2位に浮上し、今や巨大ビジネスの側面を併せ持つ存在になった――。27日のロンドン五輪開幕を前に、そんな試算が発表された。

経済動向調査を手掛けるブランド・ファイナンスは、国際オリンピック委員会(IOC)の収支報告をもとに、オリンピックの「時価総額」を約475億ドル(約3.7兆円)と算定した。

企業でこれを上回るのは時価総額で世界首位の米アップル(706億ドル)のみ。

米グーグル(474億ドル)や、大会の大手スポンサーである韓国サムスン電子(382億ドル)、米ゼネラル・エレクトリック(GE、332億ドル)、コカ・コーラ (311億ドル)などはオリンピックを下回った。

北京五輪以来の4年間で、オリンピックの総売り上げは38%増の51億ドルに膨れ上がった。このうち39億ドルを占める放映権料収入は51%の増収(1960年はわずか120万ドルだった)。最も出費が大きいのは北米(23億ドル)だった。

2016年のリオデジャネイロ五輪ではさらに売り上げが増大し、60億ドルを突破する見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]